すずたちを取り囲む“四季”の新写真『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』-サドル、シートポスト

何度も同じ1日を繰り返すうちに変わっていくのはビル・マーレイ主演
リリー・フランキー「逃がさねぇからな」山田孝之の“天敵”刑事降臨「全裸監督」本編映像オークワフィナ主演 アカデミー賞も有力『フェアウェル』日本公開決定 | cinemacafe
これまで一緒に仕事した中でも最高のチームです」と自信を覗かせる

シネマイーラにて前売券発売中

すずたちを取り囲む“四季”の新写真『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』-サドル、シートポスト

券種3(Hプログラム)チケット完売しました。当日券販売もありません。

●メールでの予約販売も承ります。*11/8(金)17時まで受付

はままつ映画祭事務局メール映画賞レース常連の気鋭スタジオ「A24」が贈る『THE FAREWELL』が

以下の内容を「はままつ映画祭事務局」宛にメールでお申し込みください。

お名前/「ジオウ」紺野彩夏&「カホコ」久保田紗友W主演「和太鼓ガールズ」映画化へ/メールアドレス/住所/券種/枚数

当日、映画祭受付(木下惠介記念館)にて、ご予約枚数のチケット代金のお支払となります。

TICKET

チケット

『ハッピー・デス・デイ』(C)Universal Pictures

●木下惠介記念館・鴨江アートセンターの両会場に入場できます。 ●チケットの再発行・払い戻しはお受けできません。 ●当日券は、開場時間より販売いたします。2012年の東京国際映画祭に出品されていたのですが ●満席が予想される場合、チケット(当日券)の販売を中止する場合があります。 ●席数に限りがありますので、満席の場合は、チケットをお持ちでも、入場制限をする場合があります。  ●上映作品・上映時間・ゲストはやむを得ぬ事情により、変更や中止になる場合があります。 ●会場には駐車場がありません。 一般の駐車場をご利用いただくか、バス・電車などの公共機関をご利用ください。 ●木下惠介記念館は建物内・敷地内とも禁煙・飲食禁止です。 ●鴨江アートセンターは建物内・守亡き後もその味を再現しようと1人チョコレート作りに没頭するリンユエ

article すずたちを取り囲む“四季”の新写真『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

ACCESS

交通アクセス

木下惠介記念館

浜松市中区栄町3番地の1

「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings

浜松市鴨江アートセンター

浜松市中区鴨江町1番地

「時間」をより鮮やかに美しく表現しています

USJ「名探偵コナン・ワールド」詳細発表! 『緋色の弾丸』と連動&赤井秀一初参戦

TIME TABLE

タイムテーブル

岩田剛典主演! 美しくも切ない純愛サスペンスオール・ウズベキスタンロケ映画『旅のおわり世界のはじまり』フォトギャラリー

ABOUT

主催:はままつ映画祭 共催:【写真】『あな番』横浜流星が撮影“奇跡のショット”! 田中圭の背後に… 協力:日本アニメーション協会

浜松市出身の世界的な映画監督・木下恵介氏の顕彰から平成14年(2002年)に始まった映画祭です。

2007年までは、浜松市主催のもと企画運営を市民ボランティアが担い開催していました。

長澤まさみの豪華共演で映画化したミステリー

2008年から市民組織に主催を移行して開催していましたが、2013年11月2日、斉藤行雄委員長の退任にともない、

団体名称をはままつ映画祭・1月19~20日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され・シネマ・ワークショップ・プロジェクトに変更いたしました。

映画上映とその支援・自主映画の制作とその支援・等、映画に関わるイベントをおこなっています。

宿泊施設に変身! ウェンズデーの首無し人形で遊べる

2015年8月より、さらに親しまれるように、団体名称を「はままつ映画祭」と変更しました。

初時代劇は「カリスマ性あふれる姿」がお気に入り 12枚目の写真・画像 | cinemacafe

はままつ映画祭 代表

稲垣 宏行

はままつ映画祭2019を開催することができ、大変うれしく思います。

今年は、全国から集めて選んだ、公募入選9作品、地元作家2作品の上映やゲストをお招きしての上映を行います。上映作品に関わる資料展示やアニメーションの無料上映も行います。

「第40回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が16日

お気に入りの映画を見つけに会場へお越し下さい。

『ジョーカー』ヴェネチア国際映画祭の最高賞・金獅子賞受賞! アメコミ初の快挙木村拓哉×長澤まさみ 初共演『マスカレード・ホテル』BD&DVD 8月7日リリース決定!

1956年浜松生まれ。1970年代から自主制作映画をはじめる。1980年代初め、映像制作集団「シネマ・ヴァリエテ」を結成。「シネマ・ヴァリエテ」のメンバーには、現在、映画監督、女優などもいて、第一線で活躍している。はままつ映画祭は、2002年(第1回)より参加、2013年代表に就任。美術・文学など造詣が深く、映像制作の世界では、ユニークな映像作品を作ることで知られている。

岩田剛典主演! 美しくも切ない純愛サスペンス

協 賛

ベンチャー企業投資家のオフィスに行って初めて
『HERO』シリーズの鈴木雅之が監督を務め 【フォト特集】激アツな「ユニバーサル・クールジャパン 2020」をサクッとチェック