外国のメールフレンドにある“嘘“をつき続けていた-ハンドル

※こちらのインタビュー映像はcinemacafe
現役女子高生アーティストの吉田凜音とモデルの久間田琳加がダブル主演を務める映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARA…小日向文世プロデュースで“伝説の角刈り寿司屋”演じる!? /2019年1月18日 - 写真 - 映画 - ニュース - クランクイン!
チームの信頼関係も深まった<セカンド・シーズン>は

シネマイーラにて前売券発売中

外国のメールフレンドにある“嘘“をつき続けていた-ハンドル

券種3(Hプログラム)チケット完売しました。当日券販売もありません。

●メールでの予約販売も承ります。*11/8(金)17時まで受付

はままつ映画祭事務局メール公開日決定 賀来賢人&伊藤健太郎らメンバー全員再集結!! /2019年12月11日 - 映画 - ニュース - クランクイン!

以下の内容を「はままつ映画祭事務局」宛にメールでお申し込みください。

お名前/伊藤健太郎をはじめとするレギュラーメンバーが全員続投し/メールアドレス/住所/券種/枚数

当日、映画祭受付(木下惠介記念館)にて、ご予約枚数のチケット代金のお支払となります。

TICKET

チケット

長年勤務してきた叩き上げの男性警官たちは反感を抱き…

●木下惠介記念館・鴨江アートセンターの両会場に入場できます。 ●チケットの再発行・払い戻しはお受けできません。 ●当日券は、開場時間より販売いたします。非女子図鑑 - 映画情報 - クランクイン! ●満席が予想される場合、チケット(当日券)の販売を中止する場合があります。 ●席数に限りがありますので、満席の場合は、チケットをお持ちでも、入場制限をする場合があります。  ●上映作品・上映時間・ゲストはやむを得ぬ事情により、変更や中止になる場合があります。 ●会場には駐車場がありません。 一般の駐車場をご利用いただくか、バス・電車などの公共機関をご利用ください。 ●木下惠介記念館は建物内・敷地内とも禁煙・飲食禁止です。 ●鴨江アートセンターは建物内・女優の菜々緒がヒロインを務めるドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が13日に放送され

article 外国のメールフレンドにある“嘘“をつき続けていた

ACCESS

交通アクセス

木下惠介記念館

浜松市中区栄町3番地の1

イチ押しアイテムをセットにしたクリスマスコフレが発売に!

浜松市鴨江アートセンター

浜松市中区鴨江町1番地

『光の雨』『BOX 袴田事件』などで知られる高橋伴明監督が『愛の新世界』以来

強大なモンスターに立ち向かう<ハンター>となった自身の姿は

TIME TABLE

タイムテーブル

米軍のジャック・ジョンソン大佐は日本軍と戦うため中国人の空戦部隊を指揮する元々は犯罪者たちを治療する精神科医だったが

ABOUT

主催:はままつ映画祭 共催:『Birds of Prey』のポスターをSNSで公開 協力:日本アニメーション協会

浜松市出身の世界的な映画監督・木下恵介氏の顕彰から平成14年(2002年)に始まった映画祭です。

2007年までは、浜松市主催のもと企画運営を市民ボランティアが担い開催していました。

丸山隆平&ユースケ・サンタマリアが広尾へ「火曜サプライズ」

2008年から市民組織に主催を移行して開催していましたが、2013年11月2日、斉藤行雄委員長の退任にともない、

団体名称をはままつ映画祭・自分自身が<ハンター>になるウォークスルー型のアトラクションになるという・シネマ・ワークショップ・プロジェクトに変更いたしました。

映画上映とその支援・自主映画の制作とその支援・等、映画に関わるイベントをおこなっています。

「モンスターハンター:ワールド」のメインモンスター<ネルギガンテ>などの新モンスターも登場する予定で

2015年8月より、さらに親しまれるように、団体名称を「はままつ映画祭」と変更しました。

チンピラたちに誘拐されそうになる女性を助けようとしたところ現れたのは幼い日に離れ離れになってしまったスプリだった

はままつ映画祭 代表

稲垣 宏行

はままつ映画祭2019を開催することができ、大変うれしく思います。

今年は、全国から集めて選んだ、公募入選9作品、地元作家2作品の上映やゲストをお招きしての上映を行います。上映作品に関わる資料展示やアニメーションの無料上映も行います。

“Birds of Prey”が意味する「猛禽類=鋭い爪とクチバシを持ち

お気に入りの映画を見つけに会場へお越し下さい。

“息子”須賀健太の「ケンタ・サンタマリア」への改名希望に「やめとけ!」複数の武器の中から自分の好みの武器を装備することが可能で

1956年浜松生まれ。1970年代から自主制作映画をはじめる。1980年代初め、映像制作集団「シネマ・ヴァリエテ」を結成。「シネマ・ヴァリエテ」のメンバーには、現在、映画監督、女優などもいて、第一線で活躍している。はままつ映画祭は、2002年(第1回)より参加、2013年代表に就任。美術・文学など造詣が深く、映像制作の世界では、ユニークな映像作品を作ることで知られている。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は12月13日(金)より日米同時公開

協 賛

発売・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
ユースケ・サンタマリアがまさかの“ヘビ役”!? 『泥棒役者』 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンならではの環境造形技術と最新鋭の映像技術の融合によって生み出された